タグ:スタッフブログ

IMG_6210

ブログをちゃんと書きたいと思ってるけど、中々書けない長谷川コーチです。
ブログ書くの頑張ります!

IMG_7859
[有明コロシアム]

10/1(火)に有明テニスの森に
楽天ジャパンオープン
を観に行ってきました!

コロシアムのチケットは取れなかったので、他のコートに入れるグラウンドチケット(¥1,000)を購入して、男子シングルス1回戦を観てきました。
IMG_7869
[楽天カードアリーナ]

この日はグラウンドチケットで、オリンピックに向けて新しくできたRakuten card arenaに入る事ができました。

このコートでは男子シングルスが4試合行われていて、1試合目は間に合わなかったので2試合目のシモン(39位)vsアンドゥハル(62位)から観戦しました。
IMG_7881
[シモン]


3試合目は、アルボット(40位)vsクライノビッチ(51位)
この試合のコイントスをやる人は会場の中でやりたい人が選ばれ、元気にやりたいと言ってた子供がやってました。
IMG_7883
IMG_7882
[アルボット]

アルボットはウェアもラケットもシューズもAllヨネックスの選手で、追い込まれても諦めないで追いかけてく選手でそれがカウンターになり、相手もフラストレーションが溜まっていましたね。
ちょっと昔のヒューイットを思い出せる様な選手です。
この試合も勝利し、試合後は沢山の人にサインしていました。
自分も書いてもらうのなかったのでスマホケースに書いてもらいました。
IMG_7891

4試合目は
トンプソン(55位)vsロンデロ(56位)の対決でファイナルセットまでもつれる接戦でとても見応えのある試合でした。

IMG_7894
[ロンデロ]
IMG_7899
[トンプソン]

写真を見ても分かる通り、観客席ガラガラです!
コロシアムはジョコビッチやダニエル太郎など好カードがありそちらは観れませんが、
千円で間近で世界のトッププロの試合が見れるなら、グラウンドチケットはかなりお得だと思います。

平日だけど、来年はジュニアと一緒に観に行けるようにしたいと思っています。
学校を休んででも、学校では味わえないとても大切な経験になると思います。


あと会場は試合だけでなく広場では、各メーカーなどがショップを出しています。
結構値下げ商品もあったりでそれ目当てで来る人もいるみたいです。
IMG_7867
[HEAD]

IMG_7868
[YONEX]

大きなラケットも置いてあって写真撮れるのでインスタ映えにもいいです(笑)
HEADは4種類のラケットが置いてありました!


IMG_7862
[広場]
色んなお店があり、大画面でコロシアムの試合を見る事もできます。
ここはチケット無くても入れます!

IMG_7871
食べ物のお店もいっぱい出てるのでお昼とかも美味しい物が食べれますよ!

とこんな感じで、ジョコビッチは見れませんでしたが、とても楽しめるいい1日でした。




看板猫のすみっこにゃ

今回は番外編にゃ!

FullSizeRender


今回はこないだ長谷川コーチに届いた謎の黒いラケットの正体にがわかったみたいなので聞いてみるにゃ!



以下

  -すみっこ

  -長谷川コーチ


:長谷川コーチ、こないだの謎のラケットの正体はなんだったにゃ?


:あのラケットの正体は

HEADの新シリーズ

GRAVITY
って言うラケットだったんだ!

す:HEADの新しいラケットだったのかにゃ!
どういうラケットなのにゃ?


長:世界ランク5位で若手のズべレフ選手が使用するラケットだよ。

FullSizeRender


す:イケメンにゃ!
他のラケットと何が違うにゃ?


長:今、HEADのラケットにはGRAPHANEっていう素材をシャフト部分とラケットヘッド、フレームのサイドに使用した

GRAPHENE360テクノロジー

でフレームの変形を抑え、高い操作性と大きなパワーを発揮できるようにしているんだ。


今回のGRAVITYにはさらに5時と7時の部分にスパイラル・ファイバーテクノロジーを追加した

GRAPHENE360+

を搭載し、より変形負担を軽減し、クリーンな打球感を生み出しているよ!


FullSizeRender


す:だから試打した時に面がぶれにくかったり、打った感じが柔らかいとか言ってたんだにゃ!

長:そうだね。フレームの歪みが少なかったり打球感が柔らかかったのが1番驚いたね。


あとこないだは書かなかったけど、スイートスポットが少し上の方にあるんだ。

それはフレームの形状が上の方に丸みを付けてあるからスイートスポットも少し上に上がって、さらに遠心力のかかる打点でのパワーが上がったよ。

IMG_7495


長:それと深いストリングの溝や洗練らせた楕円形のフレーム断面形状が打球感を柔らかくしてるよ。

 

IMG_7496


す:色んな技術がいっぱいにゃ!


長:あとラケットのカラーが表と裏で違う斬新的なデザインも特徴だよ。

IMG_7499


す:こんなラケット見た事ないにゃ!

長:GRAVITYは全部で5種類!


GRAVITY PRO

重さ:315g

ストリングパターン:18/20

フェイササイズ:100インチ

バランス:315mm

長さ:27インチ

フレーム厚:20mm


GRAVITY TOUR

重さ:305g

ストリングパターン:18/20

フェイササイズ:100インチ

バランス:320mm

長さ:27インチ

フレーム厚:22mm


GRAVITY MP

重さ:295g

ストリングパターン:16/20

フェイササイズ:100インチ

バランス:325mm

長さ:27インチ

フレーム厚:22mm


GRAVITY MP LITE

重さ:280g

ストリングパターン:16/20

フェイササイズ:100インチ

バランス:325mm

長さ:27インチ

フレーム厚:22mm


GRAVITY S

重さ:285g

ストリングパターン:16/20

フェイササイズ:104インチ

バランス:325mm

長さ:27インチ

フレーム厚:24mm


:どれを選べばいいのかわからないにゃ。


長:ジュニア〜大人まで使えるラケットだよ。

どれがいいか迷ったら相談してください。

1番合ったラケットを選びます!

:新しいラケットにするとまたテニスも楽しくなるにゃ!

また次回お楽しみになのにゃ!



看板猫のすみっこにゃ

ここでは、すみっこがみんなからの質問や気になっている事などをコーチ達に聞いていくのにゃ!


IMG_7362

以下

  -すみっこ

  -長谷川コーチ


:長谷川コーチ!今回はLogcabinNews6月号で募集したジュニアの質問に答えてにゃ!

:どんな質問がきたのかな?


す:最初の質問は
グリップはどうしたら、うまくなりますか?」


長:グリップ(持ち方)がいつも変わっちゃうのかな?

ちゃんとしたグリップを覚えるためには、まずは慣れるまで自分が打つ前(打つ順番が来る前)に毎回確認する事!

あとはラケットをくるくる回して見ないでそのグリップでピタッと止める練習もすると、持った時の感覚がわかって段々覚えられるようになるよ。


す:持ち方も練習にゃ!
次の質問にゃ!

コーチが好きなメーカーは?」


長:コーチが好きなメーカーは、

ラケットならHEADだね。20才ぐらいの時から使ってるメーカーだからね。プレステージのMPを使っているよ。

最近GRAVITYていう新しいシリーズも出たよ。


グリップテープはBowBrandの青いグリップテープが1番好きでずっと使ってるよ。


シューズは、ずっとadidasのアディバリケードを履いてるよ。


ウェアは、adidasUNIQLOをよく着てるかな。あとこないだ関東ジュニアでプロ選手の宇野真彩さんとお会いして、宇野さんが契約してるadmiralもデザインが良くて今度買うかも。

admiralのカタログはクラブハウスにも置いてあるよ。

IMG_7432



す:長谷川コーチ、鼻の下が伸びてるにゃ!


長:そんな事は………あっ、あったかな(汗)
緊張はしてた(笑)

次の質問は?


す:次の質問は

ボールがどこにとぶかは、相手のことをどうやって見ればいいですか?」


長:相手の球種が分かるにはどうしたらいいって事かな?

相手の球種を知るためには、飛んできたボールを見ていたら遅いんだ。

相手の打つフォームをよく見て、スピン系かスライスかは打ち方が違うからそこで分かるようになるよ。

相手がしっかり構えてたら強いボールがくる可能性があるし、ギリギリで取ってたら弱いボールが返ってくるかもしれないからそういう相手の動きをよく見る事は大事だよ。

あと打つ時の音もそうだし、相手がどっちに打つのが得意か、どういうボールが苦手かまで見れたら一人前だね!

 

す:テニスって大変にゃ。


長:相手の動きを見ようとしている人は、どんどんそれが分かってくるし、飛んできたボールで判断してる人はいつまでたっても相手の動きが分からないから、相手の打つ瞬間は特に集中しなきゃダメだよ。


す:次の質問にゃ!
長谷川コーチは、全国大会に出たことがありますか?」


長:全国大会はないんだけど、日本ランキングのポイントが付く大会には出ていたよ。200位ぐらいまで行った時に、レッスンの方が忙しくて大会に出る余裕はなくなっちゃったんだ。

長谷川コーチの事は、すみっこの部屋第1回「長谷川コーチについて」に書いてあるからそれを読んでね。


す:最後の質問にゃ!

なぜストロークというのですか?」


長:これについては調べたんだけど、よく分からなかった。

でもストロークは英語でstroke。日本語にすると一打って意味になるそうです。



:今回も色々なお話が聞けてよかったにゃ!

みんなも聞いてみたい質問なんかがあれば、このブログのコメントかTwitterとかに書いて欲しいにゃ!


また次回お楽しみになのにゃ!

看板猫のすみっこにゃ

今回は番外編にゃ!


長谷川コーチに届いた謎の黒いラケットについて聞いてみるにゃ!

IMG_7277

以下

  -すみっこ

  -長谷川コーチ


:長谷川コーチ!この黒い謎のラケットはなんにゃ?


:これはね。HEADさんから送られてきたモニターラケットなんだよ。


す:モニターラケットってなんだにゃ?


長:このラケットを使って感想を教えてくださいっていうラケットだよ。


す:どんなラケットなんだにゃ?

長:それが普通はラケットの重さとフェイスサイズとかいろいろ書いてあるんだけど、このラケットはHEADのロゴとMASSIVEE SWEET SPOT DOMINATES THE GAMEって文字とスロートの所にMPSってことしか書かれてなくて、MPとSのラケットってことしかわからないんだ。


す:本当に謎のラケットなのにゃ?使った感じはどうなのにゃ?

長:いつもはHEADのGraphene Touch Prestige MPを使っているんだけど、それと比べると。
 ボールがよく飛ぶ!
 ・打った感じがとても柔らかい!
 ・振りぬきやすい!
 ・面がぶれにくい!

ととっても使いやすいラケットだったよ。

最初は付いてきたガットがポリで、自分が使うようにちょっと硬めに張ったから打った感じはラケットの形状から固いかなと思ったんだけど、思ったより打感が柔らかくて思ったよりボールが飛んで行ってスピンもかかりやすいから驚いたんだ!

す:楽そうなのにゃ!どんな人に向いてるラケットなのにゃ?

長:そうだね。結構振り切って打つ人に向いているラケットかな。
しっかり振り切ってスピンがかけやすいから、そういう人に向いてると思うよ。
あと中高生のジュニアにもお勧めしたいね!

ジュニアレッスンでも中学生に使ってもらってみたら、ラケットのウェイトバランスも良くてフォームが良くなってスイングもスムーズに振り切っていて、いつもより安定したストロークを打っていたよ。
本人も気に入って次のレッスンの時も使いたがっていたよ。

 

す:MPとSはどんな違いがあったにゃ?


長:Sの方が軽く、ボールの反発も高く楽なイメージかな。
中学生でまだ体が成長前の子はSの方がいいかな。高校生など体がしっかりできてる子はMPの方がいいと思うよ。
あとSだったら男性だけでなく女性でも使いやすいと思うよ。

す:あとさっき出てきたラケットの形状って何にゃ?

長:フレームの形の事だよ。
フレームの断面が丸に近いほど、反発が強くボールが飛んでいくよ。
この謎のラットは、今までのHEADのシリーズにないタイプだったから今度新しいシリーズが出るのかな?


:すごく楽しみなのにゃ!

すみっこも使いたいにゃ~

長:使ってみたい人は7月の半ばぐらいまではクラブハウスに置いてあるので使ってみてください!
謎の黒ラケットのちゃんとした情報が出たらまた紹介します!


:また次回お楽しみになのにゃ!

IMG_7376



看板猫のすみっこにゃ

ここでは、すみっこがみんなからの質問や気になっている事などをコーチ達に聞いていくのにゃ!

IMG_7045




以下

  -すみっこ

  -長谷川コーチ


:長谷川コーチ!今回もこんな質問が来てるにゃ!

「試合はいつ頃出たらいいの?」


:今回もいい質問だね!
レッスンはしているけど、まだ試合に出たことがない子はいっぱいいると思うんだ。
で、試合に出るタイミングだけど早ければ早い方がいい!


す:なんでにゃ?


長:なんで試合に早く出た方がいいかというと、早く試合に出ることによってポイントの数え方とかコートチェンジに慣れて試合のやり方を覚えられるからだよ。


す:やり方には慣れていた方がいいのにゃ。

長:それに、試合に慣れてしまえばポイントの数え方に頭を使うことが少なくなって、その分自分の動きや相手がどういう選手か分析する方に頭を使えるようになってくるんだ。
長谷川コーチも試合に出始めた頃は、ポイント忘れたりとか苦労したからね。


す:どうしたら試合に慣れることができるにゃ?


長:とにかく試合にいっぱい出ることだね。
ログキャビンではスクール生内の練習マッチや外部から参加もあるログキャビンカップジュニアトーナメントっていう試合をやるイベントがあるからまずはそこから出てみるのが一番いいよ。


す:まだルールがわからないって人はどうしたらいいのにゃ?

長:テニスのルールを覚えよう!っていうポイントの数え方とかルールを覚えるためのお勉強のイベントもやってるから試合に出る前には一度これに出てルールを覚えよう!
ルールを覚えてスクール生内の練習マッチで試合の練習をして外部の大会に出ていくのが一番いい流れだね。

 

す:みんないっぱい試合に出てほしいにゃ!


長:試合に出ると自分の良かったところ悪かったところがよく分かるから、試合の後の練習も意識が変わって前よりもいい練習になるよ。
あと、ジュニアのグレード大会とか出ると上手な人が多いからそれも刺激になってもっとテニスが楽しくなるよ。

す:強い人と試合してみたいにゃ!

長:テニスはやっぱり試合をするのが一番楽しいと思うよ。勝っても負けても自分で課題を持ってきて、それを練習で克服して、また試合で試す!
この楽しみ方をテニスをやっているんだから知って欲しいな。


:今回も色々なお話が聞けてよかったにゃ!

みんなも聞いてみたい質問なんかがあれば、このブログのコメントかTwitterとかに書いて欲しいにゃ!


また次回お楽しみになのにゃ!


↑このページのトップヘ